診療時間 日/祝
9:00~12:30 -
15:00~18:30 - - -

【受付時間】

午前8:30~12:20
午後14:30~18:20

086-265-9200
閉じる
部位から探す
Body
HOME > 部位から探す > 肘が痛い

肘が痛い

肘の痛みは、様々な原因で起こります。
患者様の原因を特定し、個人個人の症状に合わせた適切な治療を行います。
肘がじんじんとして痛い
物をつかんだり、持つと肘が痛む
手をつくと肘が痛む
肘から小指・薬指にかけてしびれる
ボールを投げると肘が痛い
肘がまっすぐ伸ばすことができない

代表的な疾患

・野球肘 ・テニス肘(上腕骨外側上顆炎) ・肘部管症候群

野球肘

部活やクラブチームなどでボールを投げすぎることで肘に痛みが出現します。

症状

投球時や投球後に、肘に痛みを感じます。肘の動きが悪くなる場合もあります。肘の安静によって、痛みは消えることもありますが、重症化すると、手術の適応となる場合があります。レントゲンなどでしっかり検査を行うことが大切です。

原因

野球肘には内側の障害と外側の障害があります。内側は腱や靭帯に引っ張られて、腱や靭帯、軟骨に痛みが生じます。外側は骨同士がぶつかり、骨や軟骨が痛みます。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、基本は投球を中止し、安静が必要となります。時にギプスなどによる固定、物理療法なども行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。スポーツや日常生活の動作指導、筋力や柔軟性の向上を目的とした運動・ストレッチにより、症状の軽減、再発予防、パフォーマンスの向上を図ります。保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、手術療法が必要になるときもあります。その際には、適切な病院にご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニスをする人に生じやすいため「テニス肘」と言われますが、一般的には加齢や過度な使用により、肘の外側が炎症をおこして痛みが出現する場合が多いです。

症状

物をつかんで持ち上げる動作、タオル・雑巾を絞る動作、ドアノブ・ペットボトルのキャップをひねるなど、手首を使う動作の際に、肘の外側から前腕にかけて痛みが出てきます。多くの場合、何もしていない安静時に痛みは起こりにくいです。

原因

テニスでは主にバックハンドの動きが外側の症状の原因になります。一方、フォアハンドが原因で肘の内側に痛みが出る上腕骨内側上顆炎の場合もあります。一般的には加齢や手の使い過ぎで肘に負担がかかることで生じます。

治療法

外用薬の使用、消炎鎮痛剤の服用、ステロイド・局所麻酔薬の注射、バンド使用、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。スポーツや日常生活の動作指導、筋力や柔軟性の向上を目的とした運動・ストレッチにより、症状の軽減、再発予防、パフォーマンスの向上を図ります。

肘部管症候群

肘の内側に神経が通る骨とじん帯からできたトンネルがあります。このトンネルで神経が圧迫されたり、伸ばされることで、小指や薬指、手のひらの小指側にしびれを認めます。

症状

初期は、小指や薬指、手のひらの小指側にちくちくとするようなしびれや違和感を認めます。前腕にも痛みやしびれが生じる場合があります。そのため、細かい手作業がしにくくなります。進行すると、手の筋肉が痩せていき、手の形が変化していく場合もあります。

原因

肘の内側に神経が通る骨とじん帯からできたトンネルがあります。それを肘部管と言い、通っている神経は尺骨神経と言います。尺骨神経は小指・薬指の運動や手首を小指側に曲げることやそれらの感覚に関与しています。その尺骨神経が、仕事やスポーツで肘を酷使することで、慢性的に圧迫されたり、伸ばされることで肘部管症候群を発症する場合があります。その他、骨折などによる肘の変形が影響している場合もありますが、原因不明なときもあります。

治療法

しびれや痛みが強い場合には、安静にして負担をかけないことが大切です。症状に合わせて、内服薬の処方、物理療法を行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションにおける、神経のすべりや関節の動きを良くする練習、スポーツや日常生活の動作指導、筋力トレーニングやストレッチなどにより、症状の軽減、再発予防、パフォーマンスの向上を図ります。保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、手術療法が必要になるときもあります。その際には、適切な病院にご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。