診療時間 日/祝
9:00~12:30 -
15:00~18:30 - - -

【受付時間】

午前8:30~12:20
午後14:30~18:20

086-265-9200
閉じる
部位から探す
Body
HOME > 部位から探す > 腰が痛い

腰が痛い

腰の痛みやしびれは様々な原因で起こります。
患者様の原因を特定し、個人個人の症状に合わせた適切な治療を行います
腰を曲げ伸ばししたり、ひねると痛む
重いものを持つと腰痛が強くなる
腰からひざ下までしびれや痛みがある
歩いたり運動すると腰が痛くなってくる
腰が曲がってきた
背が低くなった
起き上がったり、寝返りがしにくくなった
長い間、じっと座っていられない

代表的な疾患

・ぎっくり腰 ・筋筋膜性腰痛 ・腰椎すべり症 ・腰椎分離症
・変形性腰椎症 ・腰椎椎間板ヘルニア ・背骨の圧迫骨折

ぎっくり腰

重いものを持ったり、腰をひねるような動作でおこる、急性の強い腰の痛みのことを言います。腰椎捻挫や急性腰痛症と言われることもありますが、疾患名ではありません。原因は様々であり、検査で正しい診断を受けることが大切です。

症状

安楽な姿勢を取ると痛みが軽減する場合もありますが、少しでも動くと腰に痛みが生じます。痛みの度合いは様々ですが、痛みが強いと歩くのもままならなくなります。安静にしていれば、日に日に痛みが軽減していきますが、痛みが残る場合もあります。

原因

腰に強く負担のかかる動作が誘因となります。腰周囲の筋肉やじん帯などの組織が損傷を受けることが多いです。腰椎ヘルニアや圧迫骨折等が原因となっていることもあり、その場合は疾患に応じた処置が必要になります。

治療法

まずは、レントゲンなどの検査で診断を行い、その上で治療をすすめていきます治療方法としては、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬の内服、コルセット等の装具療法、物理療法などを行います。症状や原因によっては、痛みの経過をみながら、理学療法士による運動器リハビリテーションを処方する場合もあります。その際には、筋力・柔軟性の向上に加え、腰に負担のかからない姿勢や動作の指導を行うことで、症状の軽減・再発予防を図ります。

筋筋膜性腰痛

症状

いわゆる腰痛であり、ひどい場合にぎっくり腰になります。慢性的な腰の痛みを認める場合もあり、原因は様々です。日常的な動作が腰痛を引き起こすきっかけとなっている場合もあります。

原因

日常的に腰に負担のかかる姿勢や動きをしていたり、スポーツで腰に負荷がかかるなど原因は様々です。加齢による背骨などの変形により、二次的に起こる場合もあります。腰椎ヘルニアや圧迫骨折等が原因となっている場合には、疾患に応じた処置が必要になります。また、時には内科的疾患が隠れていることもあります。

治療法

まずは、レントゲンなどの検査で診断を行い、原因を特定してから治療をすすめていきます治療方法としては、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬の内服、コルセット等の装具療法、物理療法などを行います。症状や原因によっては、痛みの経過をみながら、理学療法士による運動器リハビリテーションを処方する場合もあります。その際には、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニングに加え、腰に負担のかからない姿勢や動作の指導を行うことで、症状の軽減・再発予防を図ります。内科的疾患が疑われる場合は、適切な医療機関にご紹介いたします。

腰椎すべり症

腰の一つの背骨が正常な位置からずれることで、神経が圧迫されて、腰や足にかけて痛みやしびれが出現します。歩いている時に痛みが生じ、長い距離を続けて歩くことが難しくなる場合もあります。40歳以上の女性に多くみられます。

症状

腰や足にかけて痛みやしびれ、違和感を認めます。安静にしている時は比較的症状は出にくいですが、長時間歩いたり、立って動くと痛みやしびれが増強します。ひどくなると、足の麻痺や排尿障害を認める場合もあります。

原因

背骨の間の関節の異常やクッションである椎間板の変性により、背骨の位置がずれて、脊柱管がせまくなり、神経が圧迫されることで症状を認めます。背骨は前方にずれることが多いですが、後方にずれたり、背骨自体の変性が原因の場合もあります。好発部位は第4、5腰椎です。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬の内服、コルセット等の装具療法、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。その際には、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニングに加え、腰に負担のかからない姿勢や動作指導を行うことで症状の軽減・再発予防を図ります。強い痛み・しびれで仕事や日常生活に支障をきたし、手術療法が必要な場合には、適切な病院にご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うこともできます。

腰椎分離症

繰り返されるスポーツでの負荷や腰をひねる動作によって、腰の背骨の後ろの部分にひびが入り、腰痛を引き起こします(腰の背骨の疲労骨折)。スポーツを行う10代以降の男性に多くみられます。

症状

腰痛、お尻や太ももの痛み、足のしびれなどが生じます。腰を反らすと痛みが強くなり、前かがみになると痛みは軽くなります。初期治療をおろそかにすると、分離した骨がくっつかなくなる場合もあります。

原因

多くは身体がやわらかい中学生~高校生の時に、スポーツでジャンプや腰をひねる動きを繰り返すことで、腰の背骨の後ろの部分にひびが入り、それが分離してしまいます。また、腰椎分離症が原因で、腰椎すべり症を発症する場合もあります。

治療法

保存療法と手術療法があります。初期の治療がおろそかになると、骨がつかなくなることがあるため、発症初期から適切な治療を行うことが望ましいです。保存療法では、コルセット等の装具療法、消炎鎮痛薬の内服、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。筋力や柔軟性の向上、全身のバランスを整えることを目的としたストレッチ・トレーニングに加え、負担がかからないような動作指導を行います。強い痛みやしびれを認め、手術療法が必要な場合には、適切な病院にご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うこともできます。

変形性腰椎症

加齢による腰の背骨やそのクッションである椎間板が変化することであり、正常な現象です。しかし、これが原因となって、神経症状である腰の痛みやしびれが生じることがあります。

症状

生理的な現象の一つであり、特に症状を認めない場合も多いですが、これが原因で腰痛や足のしびれ、排尿障害などの様々な症状を認めることもあります。

原因

加齢による腰の背骨、椎間板、その周囲の関節やじん帯などの組織に変性がおこり、神経を圧迫されることで神経症状が生じる場合があります。また、変形性の側弯症や神経が通っている脊柱管を圧迫する脊柱管狭窄症の原因になることもあります。

治療法

無症状の場合は、特に治療の必要はありませんが、これが原因で腰痛などを認める場合には、保存療法の適応となります。保存療法では、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬の内服、コルセット等の装具療法、物理療法などを行います。さらに、当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、ストレッチ・トレーニング・動作指導を行っていきます。症状が強い場合には、手術療法が検討されます。その際には適切な病院へ紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うこともできます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰の背骨のクッションである椎間板の一部が飛び出し、神経を圧迫することで、腰痛や足に広がる痛み・しびれを引き起こします。好発年齢は20代~40代で、比較的男性に多い疾患です。

症状

腰やお尻にかけての痛み、足に広がる痛み・しびれを認めます。足に力が入りにくくなったり、感覚が鈍くなることもあります。前かがみになったり、重いものを持つと痛みが強くなります。歩いている時、痛みを避けて腰あたりを横に曲げる人もいます。ひどい時には、排尿障害を認める場合もあります。

原因

腰に負担のかかる動きや姿勢によって、椎間板への負担が積み重なり、椎間板がつぶれて一部が飛び出して、神経を圧迫します。加齢による椎間板の変性、喫煙、遺伝が影響している場合もあります。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬などの薬の服用、装具療法(コルセット)、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、腰に負担がかからないような身体づくりや日常生活などにおける動作指導を行い、症状の改善を図ります。保存療法のみでは症状の改善が見られない場合や、排尿障害など症状を強く認める場合には、手術療法の適応となります。その際には適切な病院へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

腰椎の圧迫骨折

腰の背骨がつぶれて骨折することで、腰に強い痛みが生じます。起き上がったときや寝返ったときにも痛みを感じます。50代以降の骨粗鬆症である女性に多いです。

症状

骨折した部位を中心に腰痛が起こります。特に身体を動かすと痛みが強くなるので、腰に負担のかかる動きが難しくなります。一方で、軽い痛みしか認めない場合もあります。

原因

交通事故や転落などで、腰の上下方向に非常に強い力が加わることで、腰の背骨がつぶれて骨折することがあります。また、骨粗鬆症で背骨が弱い場合には、日常の生活動作でつぶれて骨折してしまうこともあります。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、コルセット等の装具療法で安静にして骨がくっつくのを待ちます(つぶれた骨が元に戻るわけではありません)。また、消炎鎮痛薬・筋弛緩薬の内服や物理療法なども行います。必要に応じて、理学療法士による運動器リハビリテーションを行い、骨折部位に負担がかからないように、お腹や足の筋肉を鍛えたり、日常生活の動作指導を行っていきます。症状が強い場合には、手術療法が検討されます。その際には適切な病院へ紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うこともできます。