診療時間 日/祝
9:00~12:30 -
15:00~18:30 - - -

【受付時間】

午前8:30~12:20
午後14:30~18:20

086-265-9200
閉じる

テーマから探す

Theme
HOME > テーマから探す > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツにより起こりやすい症状は様々な原因で起こります。

患者様の原因を特定し、個人個人の症状に合わせた適切な治療を行います。
また、使い過ぎ(オーバーユース)により、症状がひどくならないためにも、違和感や痛みを認めたら、早期に適切な治療を行うことが大切です。

運動器リハビリテーションにて、トレーニングや予防・ケアの方法、使用する靴や道具などのアドバイスもしております。

代表的な症状・外傷・障害

・野球肘 ・テニス肘(上腕骨外側上顆炎) ・足関節捻挫(足関節靭帯損傷) ・肉離れ(筋挫傷)
・疲労骨折(ストレス骨折) ・シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎) ・膝の慢性障害(腸脛靭帯炎など)

野球肘

部活やクラブチームなどでボールを投げすぎることで肘に痛みが出現します。

症状

投球時や投球後に、肘に痛みを感じます。肘の動きが悪くなることもあります。肘の安静によって、痛みは消えることもありますが、重症化すると、手術の適応となる場合があります。レントゲンなどでしっかり検査を行うことが大切です。

原因

野球肘には内側の障害と外側の障害があります。内側は腱や靭帯に引っ張られることにより、腱や靭帯、軟骨に痛みが生じます。外側は骨同士がぶつかることで、骨や軟骨が痛みます。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、基本は投球を中止し、安静が必要となります。時にギプスなどによる固定、物理療法なども行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。スポーツや日常生活の動作指導、筋力や柔軟性の向上を目的とした運動・ストレッチにより、症状の軽減、再発予防、パフォーマンスの向上を図ります。保存療法のみで症状の改善が難しい場合には、手術療法が必要になるときもあります。その際には、適切な病院にご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニスをする人に生じやすいため「テニス肘」と言われますが、一般的には加齢や過度な使用により、肘の外側が炎症をおこして痛みが出現する場合が多いです。

症状

物をつかんで持ち上げる動作、タオル・雑巾を絞る動作、ドアノブ・ペットボトルのキャップをひねるなど、手首を使う動作の際に、肘の外側から前腕にかけて痛みが出てきます。多くの場合、何もしていない安静時に痛みは起こりにくいです。

原因

テニスでは主にバックハンドの動きが外側の症状の原因になります。一方、フォアハンドが原因で肘の内側に痛みが出る上腕骨内側上顆炎の場合もあります。一般的には加齢や手の使い過ぎで肘に負担がかかることで生じます。

治療法

外用薬の使用、消炎鎮痛剤の服用、ステロイド・局所麻酔薬の注射、バンド使用、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。スポーツや日常生活の動作指導、筋力や柔軟性の向上を目的とした運動・ストレッチにより、症状の軽減、再発予防、パフォーマンスの向上を図ります。

足関節捻挫(足関節靭帯損傷)

足首の捻挫は、内側に足を捻って生じることが多いです。足首を捻って、足関節の外側のじん帯が損傷したり、切れたりすると、くるぶしの下あたりに痛みや腫れを認めます。スポーツ障害でも多い疾患です。

症状

足関節の外側、くるぶしの下から前あたりに、痛み、腫れ、熱感を認めます。受傷した箇所を押しても痛みます。運動時はもちろんのこと、安静時にも痛むことがあります。主にじん帯が軽く伸びた場合、一部が切れた場合、完全に切れた場合と分けられます。また、骨折が伴うこともあります。

原因

スポーツの他に、歩行時につまづいたり、階段や段差を踏みはずして、足首を捻ることで、足のじん帯が損傷されて、症状が生じます。足首には複数のじん帯がありますが、特に「前距腓じん帯」という、くるぶしの下から前にかけてあるじん帯を受傷することが多いです。

治療法

基本的には、安静、アイシング、圧迫(装具、弾性包帯、ギプスによる固定)、挙上(足を心臓より高くする)の処置を取ります。また、症状の状態に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法も行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、スポーツ・日常生活における動作指導などを行い、症状の改善と再発予防を図ります。完全にじん帯が切れて、不安定性が強い場合には手術が必要になることがあります。その際には適切な病院へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

肉離れ(筋挫傷)

スポーツをしている時に、筋肉に強い力が加わることで、筋肉や筋肉をつつむ膜、腱が部分的に損傷・断裂してしまった状態です。動くと、受傷部に痛みを感じ、負荷が強くなると痛みは増強します。

症状

スポーツ時だけではなく、症状によっては歩いたり、日常の動きでも強い痛みを認める場合があります。圧痛があり、ひどい場合には切れた部分の陥没が触ってわかります。特に太ももやふくらはぎに多く発症します。

原因

筋肉が強く収縮したり、過度に伸ばされることで、耐え切れずに筋肉・筋膜・腱が部分的に切れてしまった状態です。完全に切れてしまった場合は、「筋断裂」と言います。

治療法

重症度により、安静、ギプスなどによる固定、消炎鎮痛薬の内服を行います。症状の経過に合わせて、当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションを処方します。筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、スポーツの動作指導などを行い、症状の改善と再発予防を図ります。

疲労骨折(ストレス骨折)

骨に繰り返し負荷がかかることで、骨にひびが入ったり、それが進行して骨折に至った状態です。運動をしていると、受傷した部位に痛みを認めます。スポーツの強度や動き方以外に、合わない靴などの要因が考えられます。

症状

明らかな怪我の覚えがないにもかかわらず、運動時に痛みを感じます。安静時には痛みは軽快しますが、症状が強い場合には、運動後にも痛みが続くときもあります。好発部位は、足の甲やすねの骨です。

原因

一度の強い力がかかることで生じる通常の骨折とは違い、骨に繰り返し力が加わることで、骨にひびが入ったり、それが進行して骨折に至る場合があります。特に激しいトレーニングを行っている学生や社会人に多く発症します。

治療法

まずは、安静と骨折部位に負担がかからない生活を送ることが大切です。また、症状に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法を処方します。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、スポーツ・日常生活における動作指導、適切な運動量・運動前後のケア方法の提案などを行い、症状の改善と再発予防を図ります。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

すねの骨の内側が痛む症状を認めます。スポーツで足に負荷がかかることで、すねの(脛骨の)の膜が引っ張られて、炎症をおこすことで発症します。

症状

運動開始時から脛骨の前方内側にずきずきとした痛みを認めます。運動を続けていると痛みは軽減しますが、ひどい場合には終始痛かったり、運動後の安静時にも痛む場合があります。また、圧痛や腫れ、熱感を伴う場合もあります。

原因

運動で足に負荷がかかり、足の筋肉が繰り返し引っ張られることで、脛骨の骨膜も引っ張られて炎症をおこすことで発症します。また、扁平足などの足の形、足を支える筋肉の筋力・柔軟性の低下、合わない靴、硬い練習場など様々な要因が考えられます。

治療法

まずは、痛む部位に負荷がかからないような、運動量の調整が必要となります。当院では、症状に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法を行います。さらに、理学療法士による運動器リハビリテーションで、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、スポーツ・日常生活における動作指導、適切な運動量・運動前後のケア方法の提案などを行い、症状の改善と再発予防を図ります。

膝の慢性障害(腸脛靭帯炎など)

運動(ランニングやジャンプ)で足を使いすぎると、膝周辺のじん帯や腱が損傷したり、じん帯と骨がこすれて炎症が生じることで、痛みを認めます。

症状

初期では一定の距離を走った後に、膝の外側が痛みますが、ひどい場合であると常に痛みがあったり、運動後の安静時にも痛みが持続する場合があります。主に股関節から膝関節に渡ってある腸脛靭帯が炎症をおこして膝の外側が痛みます(腸脛靭帯炎)。他に膝のお皿の骨の上下の腱が痛んだり(ジャンパー膝)、内側の腱付着部(鵞足炎)が痛むこともあります。

原因

オーバートレーニングで、膝周辺のじん帯や腱が損傷したり、じん帯と骨がこすれて炎症をおこすことで、痛みが発生します。運動量や運動負荷以外にも、筋力・柔軟性の低下、扁平足などの足の形、合わない靴、硬すぎたり柔らかすぎる練習場など様々な要因が関係します。

治療法

まずは、痛む部位に負荷がかからないような、運動量の調整や安静が必要となります。当院では、症状に合わせて、消炎鎮痛薬の内服、物理療法を行います。さらに、理学療法士による運動器リハビリテーションで、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、スポーツ・日常生活における動作指導、適切な運動量・運動前後のケア方法の提案などを行い、症状の改善と再発予防を図ります。