診療時間 日/祝
9:00~12:30 -
15:00~18:30 - - -

【受付時間】

午前8:30~12:20
午後14:30~18:20

086-265-9200
閉じる
部位から探す
Body
HOME > 部位から探す > 肩が痛い

肩が痛い

肩の痛みは様々な原因で起こります。
患者様の原因を特定し、個人個人の症状に合わせた適切な治療を行います。
肩の周囲がこる、張る、痛む
肩に急激な痛みが出た、夜も眠れない
肩の動きが悪い
肩が痛くて腕が上がらない
肩の違和感で充分にスポーツができない
服の着替えがしにくくなった
手が届かなくて洗髪しにくい

代表的な疾患

・五十肩(肩関節周囲炎) ・腱板断裂 ・石灰沈着性腱板炎 ・肩こり(頚肩腕症候群)

五十肩(肩関節周囲炎)

肩の関節周囲の組織が老化したり、周りの腱が薄くなるなど様々な原因により、肩の周囲が痛んだり、肩の動きが悪くなります。中年期から、特に50代以上での発症が多くみられます。

症状

服を着る時に痛くて腕があがらない、腕が回せないなど運動時に痛みが出たり、何もしていなくてもズキズキと痛んだりすることがあります。

原因

加齢によって骨や軟骨・靭帯・腱などが硬くなり、それらの組織が炎症を起こして発症します。

治療法

炎症が強い時には、安静にすることが大切です。治療として、消炎鎮痛薬の内服、関節注射、物理療法などを行います。痛みが自然に治まる場合もありますが、放置すると関節が動きにくくなったり、再び痛みが生じる場合もあります。さらに当院では、痛みの軽減や動く範囲の拡大を目的に運動器リハビリテーションを処方します。理学療法士による運動器リハビリテーションでは、姿勢改善・動作指導・筋力強化などを行って、症状の改善・予防を図ります。

腱板断裂

肩を支えている腱(腱板)が切れてしまうことで、肩の痛みや動きにくさが生じます。また、動かした時に「ギシギシ」や「コキンコキン」など軋轢(あつれき)音を感じることもあります。40代以上の男性に多く発症します。

症状

腕が上がらなくなったり、動きにくくなったりします。肩の痛みにより、高い所に手が届きにくくなったり重い荷物を持ち上げられなくなるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

原因

加齢による腱板の老化、重い物を持ち上げたり投球動作を繰り返したりなどの反復運動、転んだ際に手を強く突くなど外的な力が加わることなどが原因で、肩を支える腱板が切れてしまうことがあります。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬の服用、ヒアルロン酸などの注射、物理療法を行います。さらに当院では、痛みの軽減や動く範囲の拡大を目的に、運動器リハビリテーションを処方し、姿勢改善・動作指導・筋力強化などを行うことで症状の改善を図ります。断裂した腱板は自然治癒しないため、手術療法が必要になる場合もあります。その際は適切な医療機関へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

石灰沈着性腱板炎

肩を支えている腱に石灰が沈着することで、強い痛みが生じます。

症状

肩に強い痛みが生じます。痛みのため腕が動かしにくくなったり、寝られないこともあります。

原因

肩関節にある腱に石灰が沈着すると、関節周りの組織に炎症が起こります。特に、肩関節を包む薄い膜の中に石灰が侵入すると、異物に対して炎症反応が起き激痛が生じます。

治療法

痛みをとるために消炎鎮痛薬の服用や、ステロイド・局所麻酔剤の関節注射を行います。石灰沈着が石膏(せっこう)状に固くなり症状が再発する場合には、手術が必要なこともあります。その際は適切な医療機関へご紹介いたします。痛みが落ち着いたら当院で、筋力強化や動く範囲の拡大を目的に、運動器リハビリテーションや物理療法を行うことも可能です。

肩こり(頚肩腕症候群)

首筋から肩または背中にかけて筋肉が張り、痛みや動きにくさ、しびれ、こわばりなど不快感が続きます。

症状

肩を中心に首や背中まで広い範囲にわたって症状が起こり、“張った、こった、重い、痛い”などの感覚が生じます。頭痛や吐き気をともなうこともあります。

原因

首や背中に負担がかかる姿勢での作業、長時間同じ姿勢をとるような習慣、猫背・前かがみ・なで肩などの不良姿勢、運動不足、精神的なストレス、冷房による冷えなどで発症します。原因となる筋肉はいくつかありますが、代表的なものは僧帽筋です。また、肩こりは筋肉や骨が原因で起こることが多いのですが、内科的疾患が隠れている場合があるため注意が必要です。

治療法

当院では、緊張した筋肉をほぐすための物理療法や、薬物療法(筋肉の緊張を緩める薬、湿布など)を行います。症状が強い方には、理学療法士による運動器リハビリテーションを行う場合もあります。筋肉のこりをほぐすストレッチ、筋力を向上させるトレーニング、不良姿勢の改善、肩周りに負荷がかからないような動き方を身につけるための動作指導を行います。また、整形外科以外の疾患が疑われる場合には、他の医療機関・診療科へご紹介いたします。