診療時間 日/祝
9:00~12:30 -
15:00~18:30 - - -

【受付時間】

午前8:30~12:20
午後14:30~18:20

086-265-9200
閉じる
部位から探す
Body
HOME > 部位から探す > 下肢の痛みやしびれ

下肢の痛みやしびれ

下肢の痛みやしびれは様々な原因で起こります。
患者様の原因を特定し、個人個人の症状に合わせた適切な治療を行います
太ももからひざ下まで痛みやしびれがある
歩いたり運動すると足が痛くなってくる
長時間、立ったり座っているとつらくなる
足に力が入りにくい
足の感覚が鈍くなった
足だけではなく腰も痛むことがある
腰を曲げたり反ったりすると痛みやしびれが変わる

代表的な疾患

・腰椎椎間板ヘルニア ・腰部脊柱管狭窄症 ・坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニア

腰の背骨のクッションである椎間板の一部が飛び出し、神経を圧迫することで、腰痛や足に広がる痛み・しびれを引き起こします。好発年齢は20代~40代で、比較的男性に多い疾患です。

症状

腰やお尻にかけての痛み、足に広がる痛み・しびれを認めます。足に力が入りにくくなったり、感覚が鈍くなることもあります。前かがみになったり、重いものを持つと痛みが強くなります。歩いている時、痛みを避けて腰あたりを横に曲げる人もいます。ひどい時には、排尿障害を認める場合もあります。

原因

腰に負担のかかる動きや姿勢によって、椎間板への負担が積み重なり、椎間板がつぶれて一部が飛び出して、神経を圧迫します。加齢による椎間板の変性、喫煙、遺伝が影響している場合もあります。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬などの薬の服用、装具療法(コルセット)、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、腰に負担がかからないような身体づくりや日常生活などにおける動作指導を行い、症状の改善を図ります。保存療法のみでは症状の改善が見られない場合や、排尿障害など症状を強く認める場合には、手術療法の適応となります。その際には適切な病院へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

腰部脊柱管狭窄症

神経が通る脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され、腰痛や足に痛み・しびれを引き起こします。歩くと腰から足にかけての痛みやしびれが強くなるため、長距離を歩くことが難しくなります。椎間板ヘルニアと比較すると、中高年に発症しやすいです。

症状

足の痛みやしびれによって、休み休みでしか歩けなくなります。これを、「間歇性跛行」と言います。安静時や前かがみになると、痛みやしびれは軽減されます。進行すると、足の筋力が落ちたり、排尿障害を認めます。

原因

脊柱管は背骨、椎間板、じん帯などに囲まれたトンネルであり、その中を神経が通っています。周りにある背骨、椎間板、じん帯などが、加齢や労働によって変性して、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで症状が現れます。

治療法

保存療法と手術療法があります。保存療法では、消炎鎮痛薬などの薬の服用、装具療法(コルセット)、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、腰に負担がかからないような身体づくりや日常生活などにおける動作指導を行い、症状の改善を図ります。症状が強く、日常生活に支障をきたしている場合には、手術療法の適応となることがあります。その際には適切な病院へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。

坐骨神経痛

腰から足に伸びている「坐骨神経」が、様々な原因によって、圧迫や刺激されることで、お尻や足の後ろから外側(太もも、ふくらはぎ)にかけて痛み・しびれ・まひなどを認めます。

症状

お尻や足の後ろから外側(太もも、ふくらはぎ)にかけて、痛み・しびれ・まひ・異常な感覚などを認めます。広範囲にわたって症状が出ることもあれば、一部に出現することもあります。ひどくなると、立ったり、座ったりしているだけで痛みを認めます。

原因

原因は加齢、労働、スポーツ、不良な姿勢など人によって様々です。坐骨神経を圧迫したり、刺激してしまう組織は背骨、椎間板、筋肉などが考えられます。原因疾患となるのは、例えば、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群があげられます。時に腫瘍が原因になっていることもあります。

治療法

まずは、検査を行い、原因となっている疾患を調べます。疾患がわかれば、その疾患に対して、保存療法や手術療法を行います。保存療法では、消炎鎮痛薬などの薬の服用、装具療法(コルセット)、物理療法などを行います。さらに当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションで、筋力や柔軟性の向上を目的としたストレッチ・トレーニング、日常生活における動作指導などを行い、症状の改善を図ります。症状が強く、日常生活に支障をきたしている場合には、原因となる疾患の手術が必要になることがあります。その際には適切な病院へご紹介いたします。手術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことも可能です。